肥満から始まります|更年期障害は治療が可能|イライラにララバイ

更年期障害は治療が可能|イライラにララバイ

先生

肥満から始まります

院内

食生活の影響があります

近年増加傾向にあるのが、睡眠時無呼吸症候群という症状になります。寝ているときに呼吸が止まる時間が長い人は、注意をする必要があり身体の様々な機能に影響をするということがわかっています。増えている要因としては、現代社会の食生活にあります。飽食の時代となっていることから、たくさんのカロリーを摂取することができることで、肥満になっている人が増えているということがわかります。そのために、寝ているときに咽頭が肥満によってふさがってしまい睡眠時無呼吸症候群となって、日常生活に影響をきたすと考えられています。睡眠時無呼吸症候群の対策をする必要があるのも、日常生活を変えることから始めることが大事だといえます。

痩せることです

睡眠時無呼吸症候群を防いでいくには、まずダイエットをすることが大事です。痩せることによって咽頭などをふさぐことなく呼吸ができるので、酸素の供給をうまくできるようになります。ダイエットをするにはウォーキングなどの有酸素運動が効果的になり、食事療法と併用していくことで睡眠時無呼吸症候群の予防にもなります。ダイエット以外では、太っている人は仰向けに寝るのではなく、横向きになることも睡眠時無呼吸症候群を防ぐことに繋がります。何よりも呼吸の通り道を作ることが先決になりますので、改善されると疲れも取りやすく脳の働きも活発になりますので、仕事などにも大きな影響を与えるといえます。少しでも何かの工夫をすることです。